刺青 SI-SEI
再生

ブラウザーで視聴する

刺青 SI-SEI

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

刺青 SI-SEI

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刺青 SI-SEI

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刺青 SI-SEI

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
刺青 SI-SEI

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

刺青 SI-SEI

まで

来栖精像は、今は亡き伝説の彫り物師・彫精を超えることを目指し、また彫精の芸術作品とも言える刺青を後世に残したいと考えていた。そんなある日、精像にとって最高のカンバス・背中を持つ雨宮美妙と出会う。美妙は大学院で錦絵の研究に携わり、その色彩感覚は天性のものを持ち合わせていた。精像は美妙を誘拐監禁して刺青を彫らせるよう迫る。しかし、錦絵の魅力と刺青の持つ魔性に吸い込まれたように、美妙は逆に最高の刺青を精像に彫ることを要求する。彫精を超える芸術的な刺青を残そうと、精像の持つ針が美妙の背中を繊細に踊る。そして遂に、背中を抱きしめるような、見事な八重垣姫の刺青が美妙に彫られた。その見事な八重垣姫は2人の間に張り詰めた空気の流れをわずかながらせあるが変えてしまったのだ。それは強い者(監禁した精像:彫った精像)、弱い者(監禁された美妙:彫られた美妙)の立場を逆転させると同時に、2人にとって決して逃れることの出来ない運命と対峙させてしまう。その運命とは……。美妙と精像の絵と色彩における才能に関する謎が、いま解き明かされようとする。

キャスト
吉井怜 弓削智久
スタッフ
監督:佐藤寿保 脚本:夢野史郎 原作:谷崎潤一郎「刺青」(中央公論新社刊) 製作:松下順一 企画:加藤東司、武内健 プロデューサー:今井朝幸、小貫英樹、佐藤嘉一 音楽:中川孝 撮影:斉藤幸一 照明:白石宏明 美術:山下修侍 録音:山田均 VE:入山達彦 編集:際等和彦 劇用刺青:田中光司 助監督:村田啓一郎 制作担当:大谷弘 制作:円谷エンターテインメント 製作:アートポート 配給・宣伝:アートポート
再生時間
01:12:08
配信期間
タイトル情報
刺青 SI-SEI
2人にとって決して逃れることの出来ない運命と対峙させてしまう。その運命とは……。
来栖精像は、今は亡き伝説の彫り物師・彫精を超えることを目指し、また彫精の芸術作品とも言える刺青を後世に残したいと考えていた。そんなある日、精像にとって最高のカンバス・背中を持つ雨宮美妙と出会う。美妙は大学院で錦絵の研究に携わり、その色彩感覚は天性のものを持ち合わせていた。精像は美妙を誘拐監禁して刺青を彫らせるよう迫る。しかし、錦絵の魅力と刺青の持つ魔性に吸い込まれたように、美妙は逆に最高の刺青を精像に彫ることを要求する。彫精を超える芸術的な刺青を残そうと、精像の持つ針が美妙の背中を繊細に踊る。そして遂に、背中を抱きしめるような、見事な八重垣姫の刺青が美妙に彫られた。その見事な八重垣姫は2人の間に張り詰めた空気の流れをわずかながらせあるが変えてしまったのだ。それは強い者(監禁した精像:彫った精像)、弱い者(監禁された美妙:彫られた美妙)の立場を逆転させると同時に、2人にとって決して逃れることの出来ない運命と対峙させてしまう。その運命とは……。美妙と精像の絵と色彩における才能に関する謎が、いま解き明かされようとする。
GYAO! 広告

映像一覧