記憶~愛する人へ~ 第11話
再生

ブラウザーで視聴する

記憶~愛する人へ~ 第11話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

記憶~愛する人へ~ 第11話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
記憶~愛する人へ~ 第11話

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
記憶~愛する人へ~ 第11話

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
記憶~愛する人へ~ 第11話

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

記憶~愛する人へ~ 第11話

記憶~愛する人へ~ 第11話

まで

目撃者らしき人物がイ代表を訪ねたと知ったテソクは、代表にその人物との関わりについて詰め寄り、カン・ヒョヌクという名前を聞き出す。一方、失踪したチョン・ミンギュの件でテソクから連絡を受けたキム刑事は、テソクが弁護を降りた「希望スーパー殺人事件」について触れ、チョンがその犯人を知っていると話していたことと、麻薬で捕まったチョンが無罪放免となり、その事件にイ代表とジョンウォンが関わっていたことを話す。

キャスト
イ・ソンミン、ジュノ(2PM)、パク・ジニ、キム・ジス
スタッフ
監督:パク・チャンホン
再生時間
01:09:05
配信期間
タイトル情報
記憶~愛する人へ~
太善ローファームのパク・テソクは政財界の大物の弁護で腕を振るうやり手弁護士。(全16話)
太善ローファームのパク・テソクは政財界の大物の弁護で腕を振るうやり手弁護士。ある日、テソクに韓国グループから依頼が舞い込む。グループの末娘の婚約者で韓国大学病院のチャ教授が処方ミスを犯し患者が死亡。それをキム教授が内部告発し、「事実を遺族に告げなければマスコミに公表する」と言ってきたのだ。一方、判事のナ・ウンソンはテソクの前妻。事故で失った息子ドンウの誕生日を1人で祝っていると、酔ったテソクが訪ねてくる。
更新予定
月 00:00

次の映像

GYAO! 広告

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

記憶~愛する人へ~

ストア(有料) で作品をまとめて配信中!