ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像 予告編
再生

ブラウザーで視聴する

ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像 予告編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像 予告編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像 予告編

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像 予告編

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像 予告編

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像 予告編

ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像 予告編

国境沿いの立入禁止区域に放置された船を根城にし、魚や貝を獲ってひとりたくましく生活する少年。孤独だが静かな船での暮らしに、突然国境の反対側から少年と同じくらいの年の少年兵が乗り込んでくる。「船のこちら側は自分の陣地」とばかりに甲板にロープを張り、勝手に船の備品を持ち出していくこの小さな侵入者に少年は怒りの声をあげるが、言葉が通じず、ときに銃を持ちだす少年兵には何を言っても伝わらない。そんなある日、船の外では爆撃音が鳴り響き、やがて船のなかから赤ん坊の鳴き声が聞こえてくる。赤ん坊を抱え震える少年兵を見つける少年。この日を境に、対立するふたりの間に不思議な連帯感が生まれていく。そんななか船にはまた新たな侵入者が現れて……。舞台となる船が浮かぶのは、イランとイラクの国境付近の川。それぞれペルシャ語、アラビア語、英語を話す登場人物たちは、最初から最後まで言葉によるコミュニケーションをとることができない。1980年代のイラン・イラク戦争後、今もなお紛争が続く中東の厳しい現実がリアルに描かれる一方で、時代設定や彼らの国籍、年齢について、映画は多くを語ろうとしない。異なる世界を生きる人々の言葉を越えた交流は、まるで現代の寓話のように私たちの心に強く訴えかける。

キャスト
アリレザ・バレディ ゼイナブ・ナセルポァ アラシュ・メフラバン アルサラーン・アリプォリアン
スタッフ
監督 : アミルホセイン・アスガリ プロデューサー:モスタファ・ソルタニ 脚本 : モスタファ・ソルタニ 音楽 : アミリャール・アルジャマンド 撮影監督 : アシュカン・アシュカニ 美術・衣装 : シャマーク・カリネジャロ 録音 : メヒディ・サレカーマニ 編集 : エスメール・モンセフ
再生時間
00:01:53
配信期間
未定
タイトル情報
ボーダレス ぼくの船の国境線 プロモーション映像
川の向こうにぼくの知らない世界がある。
国境沿いの立入禁止区域に放置された船を根城にし、魚や貝を獲ってひとりたくましく生活する少年。孤独だが静かな船での暮らしに、突然国境の反対側から少年と同じくらいの年の少年兵が乗り込んでくる。「船のこちら側は自分の陣地」とばかりに甲板にロープを張り、勝手に船の備品を持ち出していくこの小さな侵入者に少年は怒りの声をあげるが、言葉が通じず、ときに銃を持ちだす少年兵には何を言っても伝わらない。そんなある日、船の外では爆撃音が鳴り響き、やがて船のなかから赤ん坊の鳴き声が聞こえてくる。赤ん坊を抱え震える少年兵を見つける少年。この日を境に、対立するふたりの間に不思議な連帯感が生まれていく。そんななか船にはまた新たな侵入者が現れて……。舞台となる船が浮かぶのは、イランとイラクの国境付近の川。それぞれペルシャ語、アラビア語、英語を話す登場人物たちは、最初から最後まで言葉によるコミュニケーションをとることができない。1980年代のイラン・イラク戦争後、今もなお紛争が続く中東の厳しい現実がリアルに描かれる一方で、時代設定や彼らの国籍、年齢について、映画は多くを語ろうとしない。異なる世界を生きる人々の言葉を越えた交流は、まるで現代の寓話のように私たちの心に強く訴えかける。

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

ボーダレス ぼくの船の国境線

GYAO!ストア(有料)で作品をまとめて配信中!