極道黙示録 第三章
再生

ブラウザーで視聴する

極道黙示録 第三章

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

極道黙示録 第三章

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
極道黙示録 第三章

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
極道黙示録 第三章

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
極道黙示録 第三章

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

極道黙示録 第三章

極道黙示録 第三章

まで

堂念組若頭・土方頼則(小沢仁志)は、堂念組と侠尽会の抗争で窮地に追い込まれていた。そこで若頭補佐のポストの補充に神波竜二(本宮泰風)他、土方の舎弟筋の人間を昇格させた。しかし、裏切って死んだ細川筋の江崎たちは不満に思っていた。そんな時、神波はカジノ候補地が東京になるネタを掴む。東京のシマを抱えている細川たちが動こうとするが、土方はそれを制止した。組長の堂念(白竜)は土方本人にこの件を命じた。カジノ候補地に土地を多く持っていたのは上白倉庫の会長・上白惣二朗(岡崎二朗)だった。しかも上白は土方の実の父親でもあり、堂念は今回の案件は親子仲の修復も兼ねて命じたのであった。何十年ぶりかの再会に喜ぶ上白だったが、土方は冷ややかだった。上白に虐待を受けていた幼少時代の思い出が今も甦ってくるからだ。上白は土地を破格で堂念組に譲渡する条件に息子の土方が堅気になることを条件として出してきた。土方は堂念に相談するのだが……。

再生時間
01:18:32
配信期間
タイトル情報
極道黙示録 シリーズ
極道世界の終末―。
神奈川を拠点に、西から南に勢力を伸ばし日本随一の巨大組織となった『堂念組』は、東京にも拠点を築き、全国制覇の足掛かりとしていた。その堂念組の一党支配を恐れた東京の老舗博徒「大郷一家」の呼び掛けで関東以北のヤクザ組織は連合体を組み、『侠尽会』を結成。極道世界はこの二つの任侠団体によって均衡が保たれていた……しかし、ある政治絡みのスキャンダルによって、その均衡が今、打ち破られようとしている。堂念組の“三羽烏”こと、若頭・土方頼則(小沢仁志)、若頭補佐・末井健隆(小沢和義)、直参・大久保哲士(武蔵拳)は、堂念組組長・堂念一起(白竜)の元、侠尽会との事を構える覚悟を決める。しかしそれは同時に、オリンピックやカジノ計画を背景とした、警察との裏取引や大物政治家の存在……日本に潜む大きな“闇”と対面することとなるのであった。“日本の首領”の座を巡る壮絶な抗争が、今ここに巻き起こる……!! ※1作目のあらすじとなります。

映像一覧