殺人鬼を飼う女 プロモーション映像 予告編
再生

ブラウザーで視聴する

殺人鬼を飼う女 プロモーション映像 予告編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

殺人鬼を飼う女 プロモーション映像 予告編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
殺人鬼を飼う女 プロモーション映像 予告編

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
殺人鬼を飼う女 プロモーション映像 予告編

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
殺人鬼を飼う女 プロモーション映像 予告編

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

殺人鬼を飼う女 プロモーション映像 予告編

殺人鬼を飼う女 プロモーション映像 予告編

まで

私の中にいる誰も知らないワタシ……キョウコはビストロで働く美しいギャルソン。だが幼い頃義父から性的虐待を受け続けた過去により、複数の人格が潜んでいた。別人格はキョウコを愛するレズビアンの直美、自由奔放なビッチで母親と同じ名を名乗るゆかり、そして虐待を受けた小学生のままのハルという様々な人格と辻褄を合わせながら暮らしている。母親の友香里は若いころから異性関係に奔放で、年下の彼氏がいながら、娘の職場にまで金をたかりにくる有り様だが、お互いに嫌悪感を抱きながらも離れられずにいた。これらにより異性を好きになることのないキョウコであったが、ある日マンションの隣人が憧れの小説家・田島冬樹と知り恋心を抱き始める。そして二人の距離が縮まるにつれ、田島の周辺に不可解な出来事が重なり、別人格たちは田島の前にキョウコに近づかないよう忠告し、母親は「あの子は普通じゃない……」と助言をし、田島は次第に解離性同一性障害のキョウコを受けとめようとする。だがある日、キョウコの腕に“殺す”という恐ろしい文字が真紅の口紅で書かれ、何かを察したキョウコは動きにでるが、今まで保たれていた均衡が大きく崩れ始めようとしていた――。

キャスト
飛鳥凛 大島正華 松山愛里 中谷仁美 水橋研二 根岸季衣
スタッフ
監督:中田秀夫 原作:大石圭「殺人鬼を飼う女」(角川ホラー文庫) 脚本:吉田香織 音楽:坂本秀一
再生時間
00:01:44
配信期間
タイトル情報
殺人鬼を飼う女 プロモーション映像
女の悦びが、アイツを呼び醒ます―― 一人の女に潜む四つの人格を四人が演じる異色作! 予測不能! 淫らすぎるサスペンス・ホラー誕生!
私の中にいる誰も知らないワタシ……キョウコはビストロで働く美しいギャルソン。だが幼い頃義父から性的虐待を受け続けた過去により、複数の人格が潜んでいた。別人格はキョウコを愛するレズビアンの直美、自由奔放なビッチで母親と同じ名を名乗るゆかり、そして虐待を受けた小学生のままのハルという様々な人格と辻褄を合わせながら暮らしている。母親の友香里は若いころから異性関係に奔放で、年下の彼氏がいながら、娘の職場にまで金をたかりにくる有り様だが、お互いに嫌悪感を抱きながらも離れられずにいた。これらにより異性を好きになることのないキョウコであったが、ある日マンションの隣人が憧れの小説家・田島冬樹と知り恋心を抱き始める。そして二人の距離が縮まるにつれ、田島の周辺に不可解な出来事が重なり、別人格たちは田島の前にキョウコに近づかないよう忠告し、母親は「あの子は普通じゃない……」と助言をし、田島は次第に解離性同一性障害のキョウコを受けとめようとする。だがある日、キョウコの腕に“殺す”という恐ろしい文字が真紅の口紅で書かれ、何かを察したキョウコは動きにでるが、今まで保たれていた均衡が大きく崩れ始めようとしていた――。
GYAO! 広告

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

殺人鬼を飼う女(R15+)

GYAO!ストア(有料)で作品をまとめて配信中!