杉原千畝 スギハラチウネ プロモーション映像

ひとりの日本人が、世界を変えた――。

1934年、満洲。満洲国外交部で働く杉原千畝(唐沢寿明)は、独自の諜報網を駆使し、ソ連から北満鉄道の経営権を買い取る交渉を成立させる。しかし、ともに闘った仲間たちを失い、失意のうちに日本へ帰国する。新たに念願の在モスクワ日本大使館への赴任を控えていたが、ソ連は千畝に【ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)】を発動。千畝の入国を拒否したのだ。1939年、外務省は、リトアニア・カウナスに領事館を開設し、その責任者となることを千畝に命じた。そこで新たな相棒ペシュと諜報活動を開始。ヨーロッパ情勢を分析して日本に発信し続けていた。やがて第二次世界大戦が勃発し、ナチス・ドイツに迫害され国を追われた多くのユダヤ難民が、カウナスの日本領事館へヴィザを求めてやって来た。日本政府の了承がないまま、千畝は通過ヴィザを発給することを決断する――

ユーザーレビュー:  (採点:1件 / レビュー:1

  • お気に入り

1件中1件を表示しています。

  • ≪ 前のページ
表示方法:
画像とタイトル
詳細表示
エリアを閉じる

杉原千畝 スギハラチウネ プロモーション映像のユーザーレビュー

(採点1件 / レビュー1件)

GYAO!ストアならTポイントが貯まる!使える!

エリアを閉じる

GYAO!ストアからのオススメ情報

邦画(トップページ)

邦画(トップページ)

「シン・ゴジラ」ほか、話題の作品が目白押し

洋画(トップページ)

洋画(トップページ)

「SING/シング」ほか、新作から過去のヒット作品まで充実

映画「君の名は。」

「君の名は。」

【配信開始】社会現象を起こした新海誠監督のアニメ映画

ラ・ラ・ランド

「ラ・ラ・ランド」

数々の賞を受賞したミュージカル・エンターテイメント

本能寺ホテル

本能寺ホテル

私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった

映像デイリーランキング

  1. そんな彼なら捨てちゃえば?【吹替版】 02:09:36

    そんな彼なら捨てちゃえば?【吹替版】

    再生回数:28,581

  2. 俺は、君のためにこそ死ににいく 02:15:22

    俺は、君のためにこそ死ににいく

    再生回数:23,430

  3. ゲゲゲの女房 01:58:58

    ゲゲゲの女房

    再生回数:22,634

  4. ハッピーフライト (01:44:04)

  5. フローズン・グラウンド (01:45:06)

  6. RSS(2017年8月20日付)