遺体 明日への十日間 プロモーション映像

2011年3月11日 あの未曾有の災害に直面し困難な状況と向き合った人々がいた。彼らには、悲しむ時間さえ無かった。

2011年3月11日、東日本の太平洋沿岸を大規模な津波が襲い、岩手県釜石市にも甚大な被害が発生する。一夜明け、一向に被害の全容が把握できない中、廃校となった中学校の体育館を遺体安置所として使うことが決まる。ほどなく、その遺体の多さに誰もが言葉を失ってしまう。医師や歯科医師たちによるいつ終わるとも知れない検死作業が続く中、民生委員として働く相葉常夫が遺体安置所を訪れ、ボランティアを願い出る。かつて葬儀関連の仕事をしていた相葉は遺体の扱いにも慣れ、遺族の気持ちも理解できた。運び込まれる遺体一人ひとりに優しく声を掛け、決して尊厳を損なうことなく接するその姿は、作業に当たる職員たちの模範となり、いつしか遺族たちにとっても心の拠り所となっていく。

ユーザーレビュー:  (採点:0件 / レビュー:0件)

  • ウォッチリストに追加する

1件中1件を表示しています。

  • ≪ 前のページ
表示方法:
画像とタイトル
詳細表示
エリアを閉じる

遺体 明日への十日間 プロモーション映像のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで映像について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

GYAO!ストアならTポイントが貯まる!使える!

エリアを閉じる

GYAO!ストアからのオススメ情報

邦画(トップページ)

邦画(トップページ)

「 孤狼の血(R15+)」ほか、話題の作品が目白押し

洋画(トップページ)

洋画(トップページ)

「グレイテスト・ショーマン」ほか、新作から過去のヒット作品まで充実

娼年(R15+)

娼年(R15+)

石田衣良の恋愛小説を、松坂桃李主演×三浦大輔監督で映画化

デッドプール2(R15+)

デッドプール2(R15+)

破天荒ヒーロー、仲間を連れてド派手にカムバック

のみとり侍(R15+)

のみとり侍(R15+)

阿部寛主演 女性をもてなす“裏稼業”を描く時代劇コメディー