海を駆ける プロモーション映像

世界の映画人が注目する深田晃司 デーン・フジオカ×新境地

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で謎の男(ディーン・フジオカ)が倒れている。日本からアチェに移住し、NPO法人で災害復興の仕事をしながら息子タカシ(太賀)と暮らす貴子(鶴田真由)。タカシの同級生のクリス(アディパティ・ドルケン)、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)が、貴子の家で取材をしている最中、その正体不明の日本人らしき男が発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコ(阿部純子)の出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に急ぐ。記憶喪失ではないかと診断された男は、結局しばらく貴子が預かることになり、海で発見されたことから、インドネシア語で「海」を意味するラウと名付けられる。ほかには確かな手掛かりもなく、貴子とイルマをはじめ、タカシやクリス、サチコも、ラウの身元捜しに奔走することになる。片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。その周りでは少しずつ不可思議な現象が起こり始めていた……。

ユーザーレビュー:  (採点:0件 / レビュー:0件)

  • ウォッチリストに追加する

1件中1件を表示しています。

  • ≪ 前のページ
表示方法:
画像とタイトル
詳細表示

海を駆ける プロモーション映像 予告編

海を駆ける プロモーション映像 予告編(00:01:31)

配信終了日:未定

エリアを閉じる

海を駆ける プロモーション映像のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで映像について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

GYAO!ストアならTポイントが貯まる!使える!

いつでも楽しめる!

エリアを閉じる

映画情報

Yahoo!映画Yahoo!映画

海を駆ける
(2018年 日本,フランス,インドネシア)
・ キャスト・スタッフ
・ 作品ユーザーレビュー

GYAO!ストアからのオススメ情報

邦画(トップページ)

邦画(トップページ)

「 孤狼の血(R15+)」ほか、話題の作品が目白押し

洋画(トップページ)

洋画(トップページ)

「グレイテスト・ショーマン」ほか、新作から過去のヒット作品まで充実

娼年(R15+)

娼年(R15+)

石田衣良の恋愛小説を、松坂桃李主演×三浦大輔監督で映画化

デッドプール2(R15+)

デッドプール2(R15+)

破天荒ヒーロー、仲間を連れてド派手にカムバック

のみとり侍(R15+)

のみとり侍(R15+)

阿部寛主演 女性をもてなす“裏稼業”を描く時代劇コメディー