ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像 予告編
再生

ブラウザーで視聴する

ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像 予告編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像 予告編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像 予告編

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像 予告編

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像 予告編

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像 予告編

ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像 予告編

1940年4月9日、ノルウェーの湾内に侵入したドイツのブリュッヒャー重巡洋艦をノルウェ軍が砲撃し撃沈。しかしナチス・ドイツ軍は続いてノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ヒトラーの命を受けたドイツ公使は、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けるように、最後通告をつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチス・ドイツに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民のため、国の運命を左右する究極の選択を迫られる――。北欧の小国ながらナチス・ドイツに最も抵抗し続けたノルウェーにとって、歴史に残る重大な決断を下した国王ホーコン7世の運命の3日間を描く。

キャスト
ホーコン7世:イェスパー・クリステンセン ブロイアー公使:カール・マルコヴィクス オラフ皇太子:アンドレス・バースモ・クリスティアンセン マッタ皇太子妃:ツヴァ・ノヴォトニー アンネリーゼ:カタリーナ・シュットラー ダイアナ:ユリアーネ・ケーラー
スタッフ
監督:エリック・ポッペ 脚本:ハラール・ローセンローヴ=エーグ、ヤン・トリグヴェ・レイネランド 製作:フィン・イェンドルム 音楽:ヨハン・セーデルクヴィスト 撮影:ヨン・クリスティアン・ローセンルン 編集:アイナル・エゲランド
再生時間
00:02:06
配信期間
未定
タイトル情報
ヒトラーに屈しなかった国王 プロモーション映像
ナチスに降伏を迫られた国王が“選択”した決断とは――。
1940年4月9日、ノルウェーの湾内に侵入したドイツのブリュッヒャー重巡洋艦をノルウェ軍が砲撃し撃沈。しかしナチス・ドイツ軍は続いてノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ヒトラーの命を受けたドイツ公使は、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けるように、最後通告をつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチス・ドイツに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民のため、国の運命を左右する究極の選択を迫られる――。北欧の小国ながらナチス・ドイツに最も抵抗し続けたノルウェーにとって、歴史に残る重大な決断を下した国王ホーコン7世の運命の3日間を描く。
GYAO! 広告

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

ヒトラーに屈しなかった国王

GYAO!ストア(有料)で作品をまとめて配信中!