クィーンズ 長安、後宮の乱 第21話 恩愛の絆
再生

ブラウザーで視聴する

クィーンズ 長安、後宮の乱 第21話 恩愛の絆

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

クィーンズ 長安、後宮の乱 第21話 恩愛の絆

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
クィーンズ 長安、後宮の乱 第21話 恩愛の絆

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
クィーンズ 長安、後宮の乱 第21話 恩愛の絆

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
クィーンズ 長安、後宮の乱 第21話 恩愛の絆

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

クィーンズ 長安、後宮の乱 第21話 恩愛の絆

クィーンズ 長安、後宮の乱 第21話 恩愛の絆

まで

成帝とその叔父である大司馬将軍・王鳳の対立はしだいに表面化し、王鳳が病気を理由に調停に参内しない事態にまで発展した。母・王政君や政務の補佐役・斎育は冷静に対応するように求めたが、成帝はこれを猛反発。ついには自らの威厳を守るために王鳳に辞職を命じ、母にも「自分の道を拒む者は誰であっても許しません。政治も人事も自分が決定します」と宣言した。しかし、臣下を掌握するにも至らず、王鳳の政務復と従来の政治体制に戻ることを黙認するしかなかった。それどころか、実務的には王鳳を中心ちする王氏一族が政治の中核を握ってしまい、王鳳の弟が法を犯しても何も罰せられない状況に成帝はやる気を無くした。この事態に王政君も心を痛めたが、成帝は「叔父上と母上にすべてを任せます」と言って、政務の場から降りてしまうのだった。

キャスト
王政君:ユアン・リー 蕭育:ビクター・ホァン 傅昭儀:サン・イエホン 馮媛媛:スン・シー 王昭君:バイ・チンリン
スタッフ
演出:ホアン・ジェンチョン 脚本:チャン・キウイン
再生時間
00:45:35
配信期間
番組情報
クィーンズ 長安、後宮の乱
愛は武器、皇帝は道具……。宮廷内の女たちの野心と欲望が渦巻く―。(全33話)
前漢、本始二年(紀元前72年)、漢宣帝時代末期から綏和二年(紀元前7年)に漢哀帝が即位するまでを舞台にした、漢代の宮廷ドラマ。厳格な封建制度の社会で、実権を握る皇帝を巡り、善良な「政君」と野心をもつ 傅瑶の対照的な二人の女性を軸に豪華絢爛な宮廷内で愛憎ドラマを繰り広げられる……。

次の映像

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

クィーンズ 長安、後宮の乱

GYAO!ストア(有料)で作品をまとめて配信中!