グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 プロモーション映像

芸術の都ウィーンが誇る“偉大なる美術館”――ウィーン美術史美術館。そこで繰り広げられる、誰も見たことがない“美の裏側”

伝統ある美術館にも押し寄せるグローバル化の波――120年目の大いなる転換はどんな結末を迎えるのか? 館長、学芸員、修復家、美術史家、運搬係、清掃員。個性的なスタッフたちがつむぐ小さなドラマは、組織のなかで働く苦労や、芸術を扱う仕事が持つ困難さを切実に描き出す。美術館のブランド戦略をめぐって紛糾する会議。収支バランスを問うてばかりの経営陣。下っ端扱いを嘆くサービス係。完璧主義の修復家。芸術とビジネスとが同居する場で巻き起こるのは、どれも普遍的でありながらユニークな問題ばかり。なかでも「伝統の継承」と「大胆な革新」という正反対の選択を迫られる姿は興味深い。ハプスブルク家の遺産を守る美術館は、中世からの伝統を継承しつつ、現代の観客に向けて新たな風を吹き込まなくてはいけないのだ。悩みながらもそれぞれの仕事に誠実に対処するスタッフたちのストーリーは、ときにユーモアあふれる展開やあっと驚く感動的な瞬間をもたらしてくれる。

ユーザーレビュー:  (採点:0件 / レビュー:0件)

  • お気に入り

1件中1件を表示しています。

  • ≪ 前のページ
表示方法:
画像とタイトル
詳細表示
エリアを閉じる

グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 プロモーション映像のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで映像について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

GYAO!ストアならTポイントが貯まる!使える!

GYAO!ストアからのオススメ情報

邦画(トップページ)

邦画(トップページ)

「シン・ゴジラ」ほか、話題の作品が目白押し

洋画(トップページ)

洋画(トップページ)

「SING/シング」ほか、新作から過去のヒット作品まで充実

映画「君の名は。」

「君の名は。」

【配信開始】社会現象を起こした新海誠監督のアニメ映画

ラ・ラ・ランド

「ラ・ラ・ランド」

数々の賞を受賞したミュージカル・エンターテイメント

本能寺ホテル

本能寺ホテル

私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった

映像デイリーランキング

  1. そんな彼なら捨てちゃえば?【吹替版】 02:09:36

    そんな彼なら捨てちゃえば?【吹替版】

    再生回数:28,581

  2. 俺は、君のためにこそ死ににいく 02:15:22

    俺は、君のためにこそ死ににいく

    再生回数:23,430

  3. ゲゲゲの女房 01:58:58

    ゲゲゲの女房

    再生回数:22,634

  4. ハッピーフライト (01:44:04)

  5. フローズン・グラウンド (01:45:06)

  6. RSS(2017年8月20日付)