神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第7話
再生

ブラウザーで視聴する

神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第7話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第7話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第7話

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第7話

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第7話

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第7話

神馬英傑伝(しんばえいけつでん) 第7話

まで

馬の目利きとして知られる周江(しゅう・こう)は、寇英傑(こう・えいけつ)の馬が黒水仙(こくすいせん)ではないかと目を付けた。彼は「馬を欲しがっている人がいる」と切り出し、高額な買い値を提示して黒水仙を譲り受けようとするが、きっぱりと断わられてしまう。周江から黒水仙の話を聞いた“玉観音”郭彩綾(かく・さいりょう)は、自ら交渉することに。しかし、周江を遥かに凌ぐ金額で馬を譲ってほしいと申し出ても、頭を下げて頼んでも、寇英傑には取りつく島もない。諦めた彼女が屋敷へ帰ると、事件が持ち上がっていた。愛馬の火雷紅(からいこう)が盗まれ、盗賊の手紙が残されていたのだ。謎めいた手紙を読むが早いか、郭彩綾はたちどころに盗賊の正体を見抜く。火雷紅を盗んだのは雪山派の卓瑪(たくば)公主――そう睨んだ郭彩綾は、彼女のもとを訪ねるのだが……。

キャスト
シェン・シャオハイ(沈暁海)『大唐游侠伝』ワン・チー(王チー)ホァン・マン(黄曼)ジー・チュンホァ(計春華)『浣花洗剣録』ユー・チェンフイ(于承恵)『侠影仙踪』ウー・ユエ(呉越)『連城訣』ウー・ジェン(呉健)『侠客行』バー・トゥー(巴図)『侠客行』リー・イーシャオ(李依暁)『項羽と劉邦 King’s War』スン・チエン(孫茜)『宮廷の諍い女』
スタッフ
監督:チェン・ヨンゴー(陳詠歌)『浣花洗剣録』脚本:リー・シーミン(李世明)『連城訣』、ディー・モン(邸萌)『連城訣』撮影:チャン・チェンドン(張振東)『射鵰英雄伝』、シュー・ウェイドン(徐尉東)、リー・ヨン(李勇)美術監督:ハン・シャオハン(韓暁寒)『侠客行』武術指導:チェン・ジェン(程鎮)、チアン・ロン(強龍)、ジャン・ヨンシェン(張永生)音楽:サイフー(賽夫)『浣花洗剣録』
再生時間
00:45:07
配信期間
タイトル情報
神馬英傑伝(しんばえいけつでん)
伝説の神馬現るとき、江湖に大乱生ず――。名作武侠ドラマ(『浣花洗剣録』『連城訣』『侠客行』)の監督コンビが贈る、新機軸のアクション巨編!(全35話)
かつて江湖にその名を轟かせた大侠・成紅梅(せい・こうばい)の死。それを悼むかのように墓前に佇んでいた彼の愛馬・黒水仙(こくすいせん)もいつしか姿を消し、人々の間には“100年に1頭の名馬”という伝説めいた噂だけが残った。それから20年――黄花草原に住む寇英傑(こう・えいけつ)は、ある日、漆黒の駿馬と出会う。それが黒水仙の子孫だと直感した彼は、なんとか手なずけようと試みるが、その馬は利口な上に気性も荒いとあって悪戦苦闘。しがみついては振り落とされてを何度も繰り返し、あの手この手でようやく黒水仙を観念させたかに思えたその時、突然現れた五小龍と名乗る男たちが馬と寇英傑を捕らえ、連れ去ってしまうのだった。縛り上げられ、水も与えられない状況で、辛抱強く好機が訪れるのを待つ寇英傑。やがて彼は、黒水仙と一緒に堡寨から脱走するのだが……。
更新予定
月・土 00:00