美術館を手玉にとった男 プロモーション映像

全米20州、46の美術館を、30年間騙し続けた史上最も善意ある贋作者の話

2011年、アメリカの多くの美術館で展示されていた大量の絵画が、贋作であることが発覚した。この事件は極めて特殊な贋作事件で、一人の男が精巧な贋作を100点以上制作し、法外な金額で売ることができるにも関わらず、それらを無償で寄贈していたのだ。男の名はマーク・ランディス。彼は長年にわたり、15世紀のイコンから、ピカソ、マグリット、ディズニーまで、幅広いスタイルの絵画を模倣し続けてきた。そして“慈善活動”と称し、神父など様々なキャラクターに扮して、それらの贋作を美術館に寄贈してきたのだ。騙された美術館は全米20州、46館にものぼった。しかし、美術館職員のマシュー・レイニンガーが、それらの作品群が贋作であるということを発見する。ニューヨーク・タイムズやフィナンシャル・タイムズ、テレビなどのメディアが、このセンセーショナルな事件を大きく取り上げ、ランディスを追いかけた。FBIも捜査に乗り出すが、彼は金銭を一切受け取っていないため、罪には問われなかった。結局、贋作活動をやめさせようとするレイニンガー達を無視して、ランディスは“慈善活動”を続けていた。しかし、レイニンガーの元同僚のアーロン・コーワンが思いついた一つのアイデアによって、彼の運命は新たに動き出す。

ユーザーレビュー:  (採点:0件 / レビュー:0件)

  • お気に入り

1件中1件を表示しています。

  • ≪ 前のページ
表示方法:
画像とタイトル
詳細表示

美術館を手玉にとった男 プロモーション映像 予告編(00:02:04)

配信終了日:2021年9月1日

エリアを閉じる

美術館を手玉にとった男 プロモーション映像のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで映像について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

GYAO!ストアならTポイントが貯まる!使える!

エリアを閉じる

GYAO!ストアからのオススメ情報

邦画(トップページ)

邦画(トップページ)

「シン・ゴジラ」ほか、話題の作品が目白押し

洋画(トップページ)

洋画(トップページ)

「 アサシン クリード」ほか、新作から過去のヒット作品まで充実

新宿スワンII

「新宿スワンII」

綾野剛主演のヒット映画 待望の第2章

沈黙 -サイレンス-

「沈黙 -サイレンス-」

〔ネット先行配信〕遠藤周作の名作を映画化

映画 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル

「映画 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」

人気シリーズ劇場版、ついに最終章

映像デイリーランキング