歌詞

無花果

164 新着の歌詞

作詞作曲歌いだし映像
アウトサイダーの憧憬164164虚しく照らした都会の灯りが-
無花果164164明らさまに嫌そうな顔をしないようにする君の目を見る-
オセロ164164剥がした皮一枚の価値さえ知らないで-
カランと鳴く164164そっと息を吸い込んだ意味もなく-
嫌われ者の詩164164誰にも疎まれたくないと思った-
エリアを閉じる

歌詞本文や曲名、アーティスト名で歌詞を検索

検索