歌詞

鏡五郎

46件中1~20件を表示しています。

作詞作曲歌いだし映像
おまえの涙仁井谷俊也山崎剛昭まわり道して つまずく路地で-
俺は浪花の暴れん坊仁井谷俊也山崎剛昭水の都で 産声あげた-
日本一じゃ惚れてみろもず唱平船村徹銭が仇というたかて-
花火師かたぎもず唱平船村徹ドカーンと弾けた 夜空を見上げ-
あじさいの宿ロイ白川山崎剛昭ふたり歩いた 縁坂-
鏡川仁井谷俊也山崎剛昭流れる水は 逆らわず-
土佐のかつお船加茂笙子宮下健治千尋(ちひろ)の海原 押し分けて-
なみだ月仁井谷俊也宮下健治こころの寒さに 熱燗注げば-
あばれ天竜仁井谷俊也山崎剛昭あばれ天竜 飛沫に濡れて-
修善寺の宿仁井谷俊也山崎剛昭伊豆は湯の里 湯けむりに-
津軽夫婦節鈴木信子山崎剛昭苦労くの字も おまえといれば-
黒髪しぐれ仁井谷俊也山中孝真忍ぶ恋でも 情炎(いのち)が燃えりゃ-
王将西條八十船村徹吹けば飛ぶよな 将棋の駒に-
蟹工船星野哲郎遠藤実蟹を網から むしりとる-
無法松の一生~度胸千両入り~吉野夫二郎古賀政男小倉生まれで 玄海育ち-
夫婦春秋関沢新一市川昭介ついて来いとは 言わぬのに-
男の土俵二階堂伸北くすを櫓太鼓(やぐらだいこ)が 隅田の川に-
惚れて道づれ仁井谷俊也山崎剛昭おまえと歩いた 人生は-
清水の次郎長古川ゆう子今澤雅一富士を背にして 清水を起てば-
忠臣蔵・片岡源五右衛門木下龍太郎弦哲也春に背いて 散り急ぐ-
エリアを閉じる

歌詞本文や曲名、アーティスト名で歌詞を検索

検索

映像デイリーランキング