歌詞

吉幾三

134件中1~20件を表示しています。

作詞作曲歌いだし映像
男うた吉幾三吉幾三雨が枯れ葉に 落ちる夜-
おんな酒吉幾三吉幾三雨がパラパラ あなたとふたり-
あぁ…あんた川吉幾三吉幾三夢の続きが あるのなら-
一夜宿吉幾三吉幾三日本海から 吹く風が-
裏小路吉幾三吉幾三ちょっと通りの 裏小路-
おばこ巡礼歌吉幾三吉幾三北の岬に 夕陽が散って-
北のえぞ番屋吉幾三吉幾三北の港のよ 番屋には-
酒、夜、ときどき雨吉幾三吉幾三淋しさ紛(まぎ)らす 酒がいい-
人生まだ半分吉幾三吉幾三風に吹かれて 雨に打たれて-
華のうちに吉幾三吉幾三安らぎ求めて 男はいつでも-
望郷~斉太郎節吉幾三吉幾三春の便りが 来るのも待たず-
雪の夜吉幾三吉幾三飲んでも飲んでも 酔えない時は-
我が娘へ吉幾三吉幾三叱った分だけ 愛してる-
いつまでも…沖縄吉幾三吉幾三揺ら揺らと ゆらゆらと…-
時代おくれ阿久悠森田公一一日二杯の 酒を飲み-
BAR吉幾三吉幾三ちょっと飲ませて ハイボール-
知床半島吉幾三吉幾三春を待ってる北国に 青空広がり鳥が舞う-
景色の唄吉幾三吉幾三あの時代 我が友達を 追えば-
ららばい吉幾三吉幾三泣いたところで何になる 惚れたお前が悪いのと-
愛人荒木とよひさ三木たかしあなたが好きだから それでいいのよ-

1 2 3 4 5 6 7 次のページ ≫

エリアを閉じる

歌詞本文や曲名、アーティスト名で歌詞を検索

検索