歌詞

いつか孤独を満たすまで

SPR5

作詞
坂井竜二
作曲
鈴木盛広

いつか孤独を 満たすまで


あなたは いま 何を見てる?

鉛色 冷たい街 寂しげな顔

わたしに いま 何ができる?

ほのかに 灯る想い 伝えたいの


失くさないでいたいの弱さを

強さだけじゃ優しくなれない

希望のかけら 不安のかけら

ふたつをあわせて 祈るの


空っぽのココロに 五線譜をしきつめ

あなたに歌うの さぁ 響け響け響け

雲に光射すように

いつか孤独を 満たすまで


過去のわたし 見てるみたい

覚えてる? そっとくれた あの日の言葉

「終わらなくちゃ 始まらない」

今度は わたしが ほら 力になる


足りないもの あればあるほどに

惹かれ合うの 求め合うものよ

あなたの涙 わたしの涙

溶けあう世界に 飛び込もう


震えるココロが 暖め合えたら

二人の絆は もう 何も何も何も

壊すことはできないの

愛が二人を 守るから


地平線の彼方に見える 次の物語へと

ひとりじゃない わたしがいるよ 涙は明日を映して輝くの


空っぽのココロに 五線譜をしきつめ

あなたに歌うの さぁ 響け響け響け 響け響け響け

雲に光射すように

いつか孤独を 満たすまで

提供: うたまっぷ