歌詞

クリスマスの朝

和田唱

作詞
和田唱
作曲
和田唱

25日の朝 床には

赤い服を着たあの人からのプレゼント

二段ベッドの上からのその景色は

僕にとっての魔法


この世には不思議や奇跡が

信じてる人のとこにだけやって来るんだ

本気でそう思ってたよ そして今でも

僕は信じてるのさ だってそうだろう?


窓の外が何度雪に染まっても

ソリの音が遥か遠のいて行っても

いいよ Darlin' Darlin' Darlin' 僕には

君こそがクリスマス

宇宙(そら)がくれたBright Light

僕は離さない


思春期にこの日の魔法は

女の子の事に取って代わり 大変

叶わぬ年はたった一人でやり過ごす

辛くもいい思い出さ


時は経ち隣には君の鼓動

どんな夢を見てるの? 何の計算もない君に

何だか笑いが込み上げて来た 僕はここにいる

君を待ってる 待ってる


かじかむ手をくるむ手袋のように

街を染める街路樹のライトのように

僕は君を守れてるかな 大人でいるかな

ちょっぴり不安なTwilight


窓の外が何度雪に染まっても

ソリの音が遥か遠のいて行っても

おいで Darlin' Darlin' Darlin' 教えよう

君こそがクリスマス

宇宙(そら)がくれたBright Light

僕は忘れない


今日から僕が君を喜ばせる番だよ

目をこする君のすぐそばに魔法が待っているよ

サンタも上から見とれるイルミネイションのような

いつまでもいつまでも消えぬ光を作ろう


かじかむ手をくるむ手袋のように

街を染める街路樹のライトのように

僕は君を守れてるかな 大人でいるかな

ちょっぴり不安なTwilight


窓の外が何度雪に染まっても

ソリの音が遥か遠のいて行っても

おいで Darlin' Darlin' Darlin' 教えよう

君こそがクリスマス

宇宙(そら)がくれたBright Light

僕は離さない

提供: うたまっぷ