歌詞

夢ファンファーレ

LIP×LIP(勇次郎(内山昂輝)/愛蔵(島崎信長))

作詞
HoneyWorks
作曲
HoneyWorks

辺りは同じ色

違う色は指をさされていた

怖くて隠してた

同じ色になりかけていた


明日

好きから逃げるな

胸を張って輝け

世界は広いよ見てごらんよ

僕ら

わがまま育てて

媚びず夢を貫け

ネガティブな自分置いていこう


君の色が綺麗でたった一つで

世界彩っている花みたいで

ほら照れないでいいんだよ顔上げて

特別な君でいて


やりたい事やらなきゃ損じゃん?選手宣誓

他人(ひと)の夢それじゃダメ!君を楽しめ


見た目も違うのに

同じレール歩かなきゃダメなの?

"恥ずかしい夢"だって

胸の隅に追いやっていた


いつか

好きは錆びついて

忘れ去られ無くなる

そんなの嘘だよ ずっといるよ

今も

ワクワクになれる

夢が胸支配して

時間さえ忘れ笑っている


君の色は名前なんてなくて見とれて

世界輝かせてる星みたいで

合わせなくていいんだよそのままで

特別な君でいて


楽しい事待ってちゃ損じゃん?迎えにいこう

君の一歩君が踏み出せ!夢を楽しめ


明日

死んでしまっても

後悔はしないように

過ごせていますか?胸に聞いて

僕ら

"好き"をするために

笑い合う日のために

生きているんだよ忘れないで


「届け」


君の色が綺麗でたった一つで

世界彩っている花みたいで

ほら照れないでいいんだよ顔上げて

特別な君でいて


やりたい事やらなきゃ損じゃん?選手宣誓

他人(ひと)の夢それじゃダメ!君を楽しめ

頑張っている君に捧げる夢ファンファーレ

提供: うたまっぷ