歌詞

初恋

宇多田ヒカル

作詞
Hikaru Utada
作曲
Hikaru Utada

うるさいほどに高鳴る胸が

柄にもなく竦む足が今

静かに頬を伝う涙が

私に知らせる これが初恋と


I need you, I need you

I need you, I need you

I need you, I need you

I need you, I need you


人間なら誰しも

当たり前に恋をするものだと

ずっと思っていた だけど


もしもあなたに出会わずにいたら

誰かにいつかこんな気持ちに

させられたとは思えない


うるさいほどに高鳴る胸が

勝手に走り出す足が今

確かに頬を伝う涙が

私に知らせる これが初恋と


I need you, I need you

I need you, I need you

I need you, I need you

I need you, I need you


どうしようもないことを

人のせいにしては

受け入れてるフリをしていたんだ

ずっと


もしもあなたに出会わずにいたら

私はただ生きていたかもしれない

生まれてきた意味も知らずに


言葉一つで傷つくような

ヤワな私を捧げたい今

二度と訪れない季節が

終わりを告げようとしていた

不器用に


欲しいものが

手の届くとこに見える

追わずにいられるわけがない

正しいのかなんて本当は

誰も知らない


風に吹かれ震える梢が

陽の射す方へと伸びていくわ

小さなことで喜び合えば

小さなことで傷つきもした


狂おしく高鳴る胸が

優しく肩を打つ雨が今

こらえても溢れる涙が

私に知らせる これが初恋と


I need you, I need you

提供: うたまっぷ