福山雅治 「零 -ZERO-」 (LIVE at BUDOKAN 2018)(ショート ver.)
再生

ブラウザーで視聴する

福山雅治 「零 -ZERO-」 (LIVE at BUDOKAN 2018)(ショート ver.)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

福山雅治 「零 -ZERO-」 (LIVE at BUDOKAN 2018)(ショート ver.)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
福山雅治 「零 -ZERO-」 (LIVE at BUDOKAN 2018)(ショート ver.)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
福山雅治 「零 -ZERO-」 (LIVE at BUDOKAN 2018)(ショート ver.)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
福山雅治 「零 -ZERO-」 (LIVE at BUDOKAN 2018)(ショート ver.)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

福山雅治 「零 -ZERO-」 (LIVE at BUDOKAN 2018)(ショート ver.)

歌詞

零 -ZERO-

福山雅治

作詞
福山雅治
作曲
福山雅治

真実はいつもひとつ

でも正義は

そう 涙の数だけ...


僕は暗闇に迷い込み

善悪の刃 握った

振り翳した刃は

すぐ自分に斬り掛かってきたんだ


そう僕には

「善」も「悪」も

「間違い」もある

僕を騙す僕もいる...


いま僕が描く正しさで

描く理想で

君を脅かすもの

悲しませるものから


誰も傷付かず

誰も傷付けないまま

君を守ることなどは

出来ないとわかってる

「完全なる正しさ」など


無(ゼロ)なんだよ


君が暗闇に迷い込み

自分さえ信じられぬ時

怯えるその心に付け入るような

言葉や光なら


世界中にいくつもある

どこにもある

君を騙す光もある...


君を守りたい

それでも守りたい その笑顔

そのために時として

悪になったとしても


愛の名のもとに

誰かが愛の鎖で

君の心 縛っても

心にはやがて血が滲むのなら

この刃で


愛を斬るよ


君を守りたい

それでも守りたい その明日

そのために時として

悪になったとしても


愛の名のもとに

誰もが愛に迷っても

真実はいつもひとつ

だけど正義はいつも

ひとつじゃない

無限なんだ


無(ゼロ)じゃないんだ


だから探すよ


零の可能性を...

提供: うたまっぷ

関連映像