歌詞

半分の記憶

欅坂46(けやき坂46 2期生)

作詞
秋元康
作曲
吉田司/村山シベリウス達彦

人の波にさらわれて どこへ連れ去られたか?

こんな好きでいるのに 君のことを見失ったよ

後を追って 名前を呼んで 走り回ったけれど

黄昏(たそがれ)のこの街にすべて紛れてしまった


さよならか

僕のせいだ

些細な綻(ほころ)びに

心引き裂かれて行く

間に合わない


愛は感情の忘れもの

君はもうここにはいないんだ

思い出が少しずつ崩れ落ちて闇の中へ

想像の悲しみは きっと止めることができただろう

目の前の現実はただ自分を責めたくなる

君は (僕を) 僕は (君を) 忘れられるのか聞きたいんだ

半分の記憶


やがて街に色がつき 夜が始まった頃

なぜか腹立たしくて 君を少し嫌いになった

自分勝手で わがまま過ぎて 付き合いきれないって

影のないアスファルト 全部 文句吐き出した


謝るか

君のせいだ

小さな誤解から

二人戻れなくなった

あの場所まで


キスは情熱の探しもの

ふいに知った唇の感触

お互いの価値観が同じだって信じてた

理屈っぽいしあわせは たぶん掴むことができたけど

正直なふしあわせ そう抵抗できなかった

キスは (過去を) キスは (未来) 語っていたのか知りたいんだ

半分の憂鬱


愛は感情の忘れもの

君はもうここにはいないんだ

思い出が少しずつ崩れ落ちて闇の中へ

想像の悲しみは きっと止めることができただろう

目の前の現実はただ自分を責めたくなる

君は (僕を) 僕は (君を) 忘れられるのか聞きたいんだ

半分の記憶

提供: うたまっぷ