歌詞

一緒に暮らそう

藤田麻衣子

作詞
藤田麻衣子
作曲
藤田麻衣子

家に帰ったら君がいれば いいのにな

きっと楽しいよ

忙しい時には邪魔しないし

デートだってちゃんとしよう


最初の頃はおかえりって 玄関に

走って来てくれて

数ヶ月したらソファーでテレビ見ながら

言うだけになる予想


そんな姿も想像できるくらい

思い描けるんだよ

君との未来なら


一緒に暮らそう

二人はいい組合わせだと思うんだよ

窮屈さが心地よくて

自由なのが歯がゆくて

君が一人で目覚めた朝は

僕を探してしまうくらい

いつか当たり前の二人に


好きになりすぎるのが 怖いって君は

よく言うけれど

どんなに僕を好きになっても

僕の方が好きだから心配ない


一人はすごく楽だし いいけれど

二人なら返事も

かえってくるんだよ


どんなに綺麗な景色も

どんなにおいしい料理だって

一人でなら なんか

淋しさ感じてしまうだけ

綺麗とか おいしいとか笑う

君がいればそれ以上の幸せなど

他にはないんだよ


電球も替えるし

不機嫌も治すし

いいことがたくさんあるよ

遠い昔に感じた安らぎ

思い出せるから


一緒に暮らそう

抱えた荷物も二人なら軽くなるよ

いつでも互いの

心が帰ってくる部屋で


一緒に暮らそう

二人はいい組合わせだと思うんだよ

寄り添うたび温かくて

いつも頼りにし合って

僕が一人で目覚めた朝は

君を探してしまうくらい

いつか当たり前の二人に


互いに探してしまうくらい

いつか当たり前の二人に

提供: うたまっぷ