歌詞

レーゾンデートル

姫柊雪菜(種田梨沙)

作詞
井筒日美
作曲
onoken

光る稲妻が照らし出す

虚像・憧憬(あこがれ)の境はどこ?…Tell me


闇の中 目が慣れてくよに

迫る苦しみ、薄められたら

瓦礫の雨降らす 焼け野原でさえ

…往くしかない


見えぬ未来(あす)へ扉開けて

誰も過去へ戻れない

だから瞬間(とき)の眩しさを識(し)る


星は夜のため 明かり灯しますか

森は鳥のため 枝を伸ばしますか

身も心も懸けた

手を伸ばす場所で誰か

救えるのなら まだ

闘える Here's brave step


砂に刻みつけた足跡

波がさらっても記憶は消せない

心の疵痕(きずあと)が この決意強く

…焼きつけ、今


認め合える瞳(め)を見つめる

真面目すぎる不器用さも

私だけの武器に変えたい


未来(あす)は過去の意味 塗り替えられますか

痛み越えた日に 何を増やせますか

あの手放した場所

そう、当たり前の笑顔

取り戻すまで まだ

終われない Here's bright trip



提供: うたまっぷ