歌詞

愛しかない時

加藤登紀子

作詞
Jacques Brel/日本語詞:加藤登紀子
作曲
Jacques Brel

大いなる 旅立ちの日に

ここにあるのは ただ愛だけ

二人で交わす あしたへの予感が

素晴らしい道を 見つけ出せるように

ここにあるのは ただ愛だけ

貧しさに打ち勝つ力 それは豊かさではなく

運命を切り開く力 それは大砲ではない

ここに愛があり ここに歌があれば

人はいつもあしたに向かって 歩いていける

どんな悲しみも よろこびの歌にかえて

心の底から 歌い続けるなら


夜が明ける前に この街を出て行こう

まっさらな道を 歩いていくんだ

胸踊る夢を 語り明かした今も

君守っていく 自信などない

だけど僕らの この愛を信じて

どんなことがあっても 決してあきらめない

欲望にゆがんだ 嘘っぱちの光で

汚された街に 投げ出されたとしても

美しい荒野を よみがえらせる太陽

かがやく大空に 愛のうたをうたおう


暗闇におびえ ふるえながら眠る

住む場所を奪われ 疲れ果てた人に

ただ今日を生きる ほんの小さな大地と

あたたかな灯かりを 贈れるのは誰?

あしたへの希望も 自分への誇りも

かなぐり捨てた 男たちに

もう一度その胸に いのちを抱く力を

思い出させるのは それはただ愛だけ

恋人の写真を 抱いたまま死んでいく

兵士の胸に 愛のうたをうたおう

ふたりだけの部屋で 笑いながらうたった

素晴らしい愛のうたを もう一度うたおう


怒りも憎しみも涙も 愛のうたにかえて

生きているよろこびをうたう 愛だけをただ信じて

提供: うたまっぷ