歌詞

残波の月

川野夏美

作詞
仁井谷俊也
作曲
弦哲也

ユウナの花びらが 風に運ばれて

月に照らされてる 波にゆれてます

あなたは 今どこの町

三線(さんしん)の響き 聞こえますか

こんなにせつなくて こんなに逢いたくて

この島唄(うた)をあなたに 残波岬(ざんぱ)から


珊瑚の浜に立ち 夕陽みつめてた

便りひとつもなく 季節(とき)はふた回り

あなたは もう都会(まち)のひと

わたしなどきっと 忘れている

信じて待ちたいの あの日の約束を

この想いあなたに 残波岬から


涙があふれます こんなに恋しくて

この愛をあなたに 残波岬から

提供: うたまっぷ