歌詞

女の春

岡ゆう子

作詞
三浦康照
作曲
影山時則

恋も涙も こころの川に

流して生きる せつなさを

誰がわかって くれるでしょうか

たとえ明日が 辛くとも

歩いてゆきます ひとすじに

女の春が・・・ 来る日まで


胸の谷間に いとしい人の

面影そっと 抱きしめて

耐える淋しさ わかるでしょうか

夢を追いかけ 夢に泣き

わずかな幸せ 喜びを

女の春に・・・ 賭けました


強いようでも 弱いの私

甘えるあなた ほしいのよ

いつかわかって くれるでしょうか

未練ごころも 捨てました

涙の向うに きっとある

女の春が・・・ 来る日まで

提供: うたまっぷ