歌詞

哀しみのブランコ

CHEESE CAKE

作詞
一瀬貴之/岩淵紗貴
作曲
一瀬貴之

あの日した約束はいつだって守れるよ

君が言う「ヤサシイ子」になれそうにはないけれど

ただいつも後悔して君のこと嫌えない

唇を噛みしめていつまでも泣いていた


嫌われるのなら嫌われたい

想われるのなら想われたい

嫌われるのなら想われるのなら


哀しみのブランコ乗って

ゆらゆらゆらゆらゆれて

君がいないこと知って一人寂しくて

哀しみのブランコ乗って

ゆらゆらゆらゆら落ちて

曖昧にする君がいるただ苦しくて


あの日した約束はいつだって破れるよ

ほんの少し強がって突き放して後悔する

そんな事してみたってずっと君は変わらない

唇を噛みしめていつまでも待っていた


優しくされると苦しくて

冷たくされると寂しくて

かけ引き上手な君を嫌えない


哀しみのブランコ乗って

ゆらゆらゆらゆらゆれて

行き場のないこの気持ちを隠しきれなくて

哀しみのブランコ乗って

ゆらゆらゆらゆら落ちて

一人で探すことさえも怖くなっていた


今まで以上に遠く長く感じる君のせい

こんな想いがゆらゆらゆれては漂ってく


哀しみのブランコ乗って

ゆらゆらゆらゆらゆれて

君がいないこと知って一人寂しくて

哀しみのブランコ乗って

ゆらゆらゆらゆら落ちて

曖昧にする君がいるただ苦しくて


哀しみのブランコ乗って

ゆらゆらゆらゆらゆれて

行き場のないこの気持ちを隠しきれなくて

哀しみのブランコ乗って

ゆらゆらゆらゆら落ちて

一人で探すことさえも怖くなっていた

提供: うたまっぷ