歌詞

恋とマシンガン

カサリンチュ

作詞
DOUBLE KNOCKOUT CORPORATION
作曲
DOUBLE KNOCKOUT CORPORATION

ドアの向こう 気づかないで

恋をしてた 夢ばかり見てた そして僕は喋りすぎた

ホテルの屋根 滑り降りて

昼過ぎには 寝不足の僕に テイクワンの声がする


真夜中のマシンガンで 君のハートも撃ち抜けるさ

走る僕ら 回るカメラ もっと素直に僕が喋れるなら


本当のこと 隠したくて

嘘をついた 出まかせ並べた やけくその引用句なんて!

いつものこと 気にしないで

1000回目のキスシーン済んで 口の中もカラカラさ


帽子の頭文字から 部屋番号を探しだした

笑う僕ら キザな言葉 もっと素直に僕が喋れるなら


真夜中のマシンガンで 君のハートも撃ち抜けるさ

走る僕ら 回るカメラ もっと素直に僕が喋れるなら


冷蔵庫のドアになら 非常ベルが鳴り出す前に

時間かけて バター塗るさ もっと素直に僕が笑えるから


真夜中のマシンガンで 君のハートも撃ち抜けるさ

走る僕ら 回るカメラ もっと素直に僕が喋れるなら!

提供: うたまっぷ