歌詞

鮮やかな夢

BLOOD

作詞
鈴木慎一郎
作曲
鈴木慎一郎

何も見えなくなって 明かりを求めていたあの頃 凍えそうで痛くて

何も手に付かなくて 明日になるのを拒み続けた そんな時もいつでも


AH この世界は鮮やかに舞う夢の様さ・・・

こんなにも暖かい君の想いが

偽りをそっと拭い去るから


死にたくなる位の恐さを与えてもらえた事 誰にでもないから

ただ倒れない様に 俺を待つあの場所に必ず戻ると誓おう


AH この世界がやがて色を変えてゆけば

いつの日か目に映るすべてのものを

愛せるときっと君が言うから


授かる生命はいつだって一人からすべて始まり終わる

それを孤独と言うのならば・・・それで構わない

提供: うたまっぷ