歌詞

幸福を売る男

宮城まり子

作詞
Jean Calvet/Jean Broussolle/訳詞:戸田邦雄
作曲
Jean Calvet/Jean Broussolle

心に歌を投げかけ歩く 私は街の幸せ売りよ

歩くごとに軽く頬を なでて通る恋の風が

春も夏も秋冬も 歩く時はいつも

空は晴れて海青く 甘い恋の口づけ

恋はつらい 愛して泣いて

それが浮世 などと言わず

私の歌を 聞けば直る

恋の恨み お医者じゃないが


お安くします 笑って暮らそう

泣いちゃいけない 楽しく暮らそう

皆さん方が 笑ってくれて

楽しくなれば 何にもいらない

涙ぬぐい気を変えて さあさ一緒に唄おう

空は晴れて海青く 心軽く唄おう

心に歌を投げかけ歩く 私は街の幸せ売りよ

歩くごとに軽く頬を なでて通る恋の風が

提供: うたまっぷ