歌詞

気ままなくらし

宮城まり子

作詞
Irving Berlin/訳詞:岩谷時子
作曲
Irving Berlin

さびしい時は 青空見よう

泣きたい時も 笑って暮らそうよ

やぶれテントの 小さな穴も

のぞいてごらん 光りが見えるよ

大雨が止んだら お陽さま出るように

この世の幸せも 忘れたころくるよ

そんなもんだよ


くよくよせずに 暮らしていこう

貧乏なんか 心配ないよ

白粉(おしろい)つけて 玉をころがす

気ままで動く 笑って暮らそうよ


さびしい時は 青空見よう

泣きたい時も 笑って暮らそうよ

やぶれテントの 小さな穴も

のぞいてごらん 光りが見えるよ

恋も幸せも おとといおいでよと

横向けば 向こうが お手々つなぎに来る

そんなもんだよ


くよくよせずに 暮らしていこう

不幸せなほど 先が楽しみ

白粉(おしろい)つけて 玉に乗せれば

みんなピエロさ 陽気に暮らそうよ


笑って暮らそうよ

提供: うたまっぷ