歌詞

Prayer

おおはた雄一

作詞
おおはた雄一
作曲
おおはた雄一

何をしても 埋まらない その心のかげりが

そのまんま 君の心の形なら

そこに水をはって 舟を滑らそう

もっと深いその場所へ潜る為に


おしゃべり屋もいつかはいなくなって

街も静かになる頃

僕はドアをこつこつと叩く

仕方ない、というふうにドアは開く


はがれ落ちたタイルが声を跳ね返す

忘れられた言葉たちが 沸騰している

それでもまた あたらしい朝はやってくる


この祈りを 始まりにして

さぁ でかけよう


何をしても 埋まらない その心のかげりが

そのまんま 君の心の形なら

まずは 力を抜いて 耳を澄ましましょう

その隙間から 洩れてくる風の音に


おしゃべり屋もいつかはいなくなって

街も静かになる頃

僕はドアをこつこつと叩く

仕方ない、というふうにドアは開く


全てを求めることが 出来ないように

全てを認めることはできないよ

それでもまた あたらしい朝はやってくる


この祈りを 始まりにして

さぁ でかけよう


赤いインクがすべてを台無しにする

意味を変えた言葉たちが窓を叩く

それでもまた あたらしい朝はやってくる


この祈りを 始まりにして

さぁ でかけよう

提供: うたまっぷ