歌詞

エクスペクト

PAGE

作詞
PAGE
作曲
PAGE

向こうに隠れた 睨む太陽がまるでしおれたリンゴみたい

遠ざかっていた未来 花の香りに酔った世界は千鳥足

なんて勝手な 僕の景色に絡まる君は安全地帯から

満面な笑みをこぼす 安定はいつかシケたマンネリ化


泣き出しそうな星空に溶けてしまいそうな

ぬくもりもないような言葉が浮かんでいた


足りないものはいつもここにあって

傷つけ合っていく僕らはまた許し合っても

裏切り合って大人になっていくのかな

余る空 辛い思い出を

深く今と優しく包んでよ

行き着く果てまで 色の無い枯れた未来に水をあげよう


「待って」は言えないまだ はて何でか?

いびる時間が急かす裏で 誰かと憚(はばか)りなく

今の僕の中にある 願いと世界を断線した

塞ぐ目はテラス 差す光が汚す

勝手が見出すハテナ ただ乱れ舞う

リアルを仕切る前髪 先は曖昧と偶然の頑張りどこ


街の色を覆う朝焼けに萌えて今も眠る孤独

弱い夢が魅せた理想の中


足りないものはいつもここにあって

また許しあっても裏切り合って


足りないものはいつもここにあって

傷つけ合っていく僕らはまた許し合っても

裏切り合って大人になっていくのかな


間違いがまだ今は分からなくて

大人になっても僕らはまた傷つけ合うなら

いつまでも子供のままでいたいから


余る空 辛い思い出を

深く今と優しく包んでよ

行き着く果てまで 色の無い枯れた未来に水をあげよう

提供: うたまっぷ