歌詞

男の友情

船村徹/北島三郎/鳥羽一郎

作詞
高野公男
作曲
船村徹

▲「友よ 土の中は寒いのだろうか

友よ 土の中には夜があるのだろうか

もしも 寒いのならば

俺のぬくもりをわけてあげたい

もしも 夜があるのならば

俺の手で灯りをともしてやりたい

友よ 俺の高野よ

こおろぎの よちよち登る 友の墓石(いし)」


△昨夜(ゆんべ)も君の 夢見たよ

なんの変りも ないだろね

東京恋しや 行けぬ身は

背のびしてみる 遠い空

段段畑の ぐみの実も

あの日のままに うるんだぜ


□流れる雲は ちぎれても

いつも変らぬ 友情に

東京恋しや 逢いたくて

風に切れぎれ 友の名を

淋しく呼んだら 泣けて来た

黄昏赤い 丘の径


▲田舎の駅で 君の手を

□ぐっとにぎった あの温(ぬく)み

△東京恋しや 今だって

□男同志の 誓いなら

▲忘れるものかよ この胸に

△抱きしめながら ▲いる俺さ


▲→船村徹

△→北島三郎

□→鳥羽一郎

提供: うたまっぷ