歌詞

千曲川恋歌

牧伸二/岡田旬子

作詞
星桂三
作曲
星桂三

まだあげ初めし前髪の

前にさしたる花櫛恋し


こぶしの花に色ゆずり

春雪解けの瑠璃しずく

初恋集め旅立つごとく

りんご畑を輝き染めて

清(さや)けき流れの 千曲川


夏陽(なつび)に焦げる石垣を

慰めるのか通り雨

想い叶わぬ恋捨てにきた

遊子(ゆうし)悲しむ古城のほとり

やさしく流れる 千曲川


河鹿(かじか)の鳴声(こえ)も寂しげに

秋の涙か小夜時雨(さよしぐれ)

ひと目忍んでせせらぎの宿

恋の行方を占う笹舟(ふね)は

何処(いずこ)へ流れる 千曲川

提供: うたまっぷ