歌詞

プラタナス通り

古時計

作詞
伊丹恵
作曲
菅原進

白い扉が開くたび

枯葉が舞い込むティールーム

うすめのコーヒー飲みながら

黄昏の街をみています

プラタナスの小径泣きながら

あなた追って走りました

サヨナラと言われた訳じゃない

今もあなたに逢えるような

そんな気がして……


古いレコード流れます

あの頃流行(はや)ったロックンロール

宛先不明で返された

手紙は落葉と燃やしましょう

プラタナスの木陰でくちびるを

ふるえながら重ねました

いつのまにかここに来ています

遠いあの日に帰れそうな

そんな気がして……


プラタナスの小径泣きながら

あなた追って走りました

サヨナラと言われたわけじゃない

今もあなたに逢えるような

そんな気がして……

提供: うたまっぷ