歌詞

私が生まれて育ったところ

野路由紀子

作詞
聖川湧
作曲
聖川湧

私が生まれて 育ったところは

どこにもあるような

海辺の小さな 港のある町よ

かもめと遊んで かもめと泣いた

幼いあの頃に もどりたい

もどりたい もう一度

男に捨てられた 泣かされた

だまされた

そんな私が そんな私が

ばかに ばかに見えるでしょう

大人の世界を知らない頃に

もどってみたいけど

むりかしら むりなのね

いやになっちゃうわ


私が今度は 生まれてくる時

男に生まれたい

泣かずにいるだけ 得する話でしょう

それでも女に 生まれたことが

時々幸せと ひとなみに

感じるわ 夜明けの前に

男と女がめぐり逢い 愛しあい

嘘と真実(まこと)が 嘘と真実(まこと)が

いつも いつも 裏表

大人の世界を知らない頃に

もどってみたいけど

むりかしら むりなのね 笑い話よね

むりかしら むりなのね 笑い話よね

提供: うたまっぷ