歌詞

坂道の酒場

西田敏行

作詞
伊藤アキラ
作曲
森田公一

夏も終りというのにその夜は

(妙に) 暑苦しい晩だった

ふらりと寄った坂道の酒場

隣りの女が話しかけた

「ひとりでお酒をのむなんて

かなしいわね……

ひとり同志が会うなんて

もっとかなしいことだわね」

俺は「ええ」とか「まあ」とか言って

軽く流して聞いてたけれど

ゆれる女のペンダント なぜかみつめて心がゆれた


「月がまっかに見える」と言いながら

(じっと) 俺の顔をのぞきこむ

いやおうなしに肩先きがふれて

ほのかな香りがなまめかしい

「あなたは恋をしているの?

していないわね

恋をしている人たちと

今は飲みたくないものね」

俺は「ええ」とか「まあ」とか言って

軽く流して聞こうとしたが

夏の終りにのむ酒は にがいもんだとしみじみしみた

提供: うたまっぷ