歌詞

重力シンパシー

AKB48 チームサプライズ

作詞
秋元康
作曲
原田ナオ

すぐ近くなのに

離れて感じる

君はバスの2つ前の席

声を掛けるには

ちょっと恥ずかしい

何度 恋をしても慣れないね


カーブ曲がり

身体(からだ)が傾く時

その方向は

同じさ


君に重力シンパシー

何も話せなくても

確かに 今

僕らはひとつになる

君に重力シンパシー

後ろ 気づかなくても

わかり合える

日が来るよ


窓が曇るほど

乗客は多く

君の顔が陰で見えなくなる

喋るその声に

耳を傾けて

僕は胸の奥をときめかせた


バスが急に

スピード 上げた瞬間

みんな一緒に

仰(の)け反(ぞ)った


愛は重力フレンズ

そこにいるそれだけで

2人は そう

地球を共有する

愛は重力フレンズ

存在 認知されてなくても

そのベクトル

進めばいい


君に重力シンパシー

何も話せなくても

確かに 今

僕らはひとつになる

君に重力シンパシー

いつか 同じ重さで

愛について

想うだろう

提供: うたまっぷ