歌詞

1994年の雷鳴

AKB48 チームサプライズ

作詞
秋元康
作曲
すみだしんや

あの日は空が光ってた

時折 瞬(まばた)きするように

少し遅れて雷鳴 そばで響いた


校舎の壁に身体(からだ)を寄せて

僕らは雲行きを案じた

風に混じって 頬に雨粒

「帰れないね」って君が言った


シャツが汗ばんで

息苦しくなる

確かに恋だった


2人の若さは不器用で

見つめ合うことさえできなくて

同じ空気を吸うのがせいいっぱいだった


胸の奥のその片隅に

気づかれないように隠してた

イタセクスアリスとは片想い


どしゃぶりの雨 なす術もなく

ぬかるむ地面を見ていた

灰色の空 籠る稲妻

君の横顔 照らしていた


何を話せばいい?

無口な轍(わだち)が

心に続いてる


2人の若さは不器用で

見つめ合うことさえできなくて

同じ空気を吸うのがせいいっぱいだった


僕はそっと耳を塞いで

大人の足音 拒否したんだ

吐き出せない何かにいじけてた


あの日は空が光ってた

時折 瞬(まばた)きするように

少し遅れて雷鳴 そばで響いた

まるで神に指を差されて

見えない愛しさに怯えてた

思い出すのも切ない1994年(ナインティーンナインティーフォー)

提供: うたまっぷ