歌詞

Pinocchio

vistlip

作詞
作曲
瑠伊

J-POPの語るROCK&PRIDE

スケジュールスカスカの真っ白なボード

アイドルを馬鹿にする取材、アイドルと呼ばれる事を嫌い

アイドル気触れの握手会、アイドル寄りのサビを唄い


パクリだらけのLOVE&PIECE

ペラい歌詞が痛くて震える

整形面が既にヤバい、イジリ倒しても尚ヤバい

堕ちた御前が向かう先は樹海


欲と云う名の翼と、天狗の鼻が生え

敗者がキラキラ纏い虚勢を張ってやがるんだ


悪魔が取り憑き、耳障りな声で、過去を否定し出戻り

恋人泣かせのピノキオを壊して

交わした約束も破棄さ


J-POPの語るROCK&PRIDE

スケジュールスカスカの真っ白なボード

アイドルを馬鹿にする取材、アイドルと呼ばれる事を嫌い

アイドルになれないピノキオ達へ


「一昔前に居た貴方が好きでした。」

御前らのために存在してる言葉だと思う

終わりにするべき、音を途切れさせ

これ以上、御前のダサい姿見たくはない


この世界からは足を洗えなくて、迷い続けた仔羊

生憎だけれど、家畜にもならない

商品価値が無いのさ

悪魔が取り憑き、耳障りな声で、過去を否定し出戻り

恋人泣かせのピノキオを壊して

交わした約束も破棄さ


魂売った腐れジェダイ、このまま尻尾を巻いて引退?

契約切れで初めて後悔、アイドルにして来やがれ謝罪

己の事を知りもしない、御前が馬鹿にする資格は無い

飲み込まれてな大殺界、てか、元々センスが足りてない

提供: うたまっぷ