歌詞

さよなら・夏休み

岡田有希子

作詞
竹内まりや
作曲
竹内まりや

半袖シャツじゃちょっぴり 肌寒い季節

ひと気ない砂浜には 忘れられたパラソル

楽しい夏がこのまま 続けばいいのに

キャンパスに戻る時が 目の前に近づいている

あなたとバスに揺られ どこまでも行きたい

いねむりのふりして肩にもたれる私を

優しく微笑み浮かべ 見つめるあなたが好きよ

想い出ひとつふえたら ふたりの夏休みにさようなら


ほんの少し前までは ただの友達と

思ってたあなたなのに 今じゃはなれられない

あんなに焼けた素肌も 色あせてきたら

制服に戻る時が 目の前に近づいてる

海沿いの店はもう ドアを閉ざしたまま

通り過ぎたまぶしい季節に背を向けている

愛と呼ぶにはまだまだ 早すぎるふたりだけど

どんなことがあったって 次の夏もあなたと一緒に


風が吹くたびに コロンの香りが

あなたをくすぐる とまどいがちな瞳


ふたりで聴くカセットは 彼の選んだラブソング

私以外の誰かを 好きにならないように指切り

愛と呼ぶにはまだまだ 早すぎるふたりだけど

どんなことがあったって 次の夏もあなたと一緒に

提供: うたまっぷ