歌詞

空の涯て

eyelis

作詞
六ツ見純代
作曲
渡辺翔

心の弦(いと)から

むせび鳴く音が響いた

月あかりの下

二つの影 揺れてる


色のない夢を観て震えて眠れ

互いの孤独

わかちあう時代が来る日まで


あの空の涯(は)てにある

「無限」に続くEndless Night

男には誰だって背負ってゆく痛みがある

似てる瞳の奥で流れ星が光った

彷徨える悲しみに自分なりのケリをつけてSo Long…


確かなものなど

何一つもない世界で

確信に触れる

そんな瞬間(とき)に出逢った


振り払っても絡む刹那い過去(きのう)

越えてゆくたび

新たな絆を探してる


あの空の涯(は)てにある

「未来」を描くEdge of Time

男には一度だけ賭けてみたい希望(あした)がある

儚いこのいのちもいつかは消える運命(さだめ)

遺る傷を携えここではない場所を目指しGood Luck…


あの空の涯(は)てにある

「永遠(とわ)」に灯したPiece of Dream

男なら護(まも)るべき愛のために闘うだろう

似てる瞳の奥で流れ星が光った

彷徨える悲しみに自分なりのケリをつけてSo Long…

提供: うたまっぷ