歌詞

LIGHT

NIKIIE

作詞
NIKIIE
作曲
NIKIIE

白い息を飲み込んで

そっと手を伸ばした

何かを言葉にしたなら

君まで失いそう

会いたいを両手に隠したまま

降り出した 粉雪


この街の目印だった

灯台の明かり

傾き始めてたのは

知り過ぎてしまったから

行かないで 振り向いてなんて

言えるはずも無くて


いつか立ち止まっても

私はまだここに居るよ


今、照らすよ 君の心に

真っ暗闇 手探りしたって良い

今、照らすよ 君に向かって

一人泣き明かす夜がないように

ねぇここに居るから


向かい風に瞼閉じ

君を見失ってから

どれ位の時間がふたりを遠ざけたかな

雪化粧してる街路樹 見上げて

よみがえる はしゃぐ笑顔


いつかと同じままで

君もまだそこに居るんでしょ?


今、照らして 君の場所から

触れてみたいよ どんなことだって

今なら言えるの 抱きしめてたいよ

君の凍えた手ももう離さない

ねぇここに居させて


ねぇここに居させて

提供: うたまっぷ