歌詞

現実は小説より奇なり

秦基博

作詞
秦基博
作曲
秦基博

読みかけの小説 閉じる 午前二時

ニュース速報の音 テロップの点滅だけが残る


テレビを消して ベッドに倒れ込む

深い夜の静寂(しじま)に 僕だけが 置き去り 話は進んでゆく


僕なんて 人間が不完全 何も持ってないよ

きっと 答えが怖くて はぐらかしてきたから


ah 今 世界が終わっても

後悔はない そう言えるくらい 僕も生きられたなら


携帯画面に 点る 午前四時

常夜灯のオレンジ 翳んでく 憂鬱な夢も連れてゆけよ


いつだって 展開は不透明 何が待っているの

きっと 想像以上だろう でもページの向こうへ


ah 物語の続きなら

痛いくらい この小さな現実の中にある


誰もいない部屋で独りきり 未来まで暗闇にまぎれても

朝の光 重いカーテンをめくる


ah 今 世界が目覚める

二度とない 誰も知らない 僕だけの結末を見に行こう

提供: うたまっぷ