歌詞

神無月にかこまれて

香坂みゆき

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水

人恋しと泣けば 十三夜

月はおぼろ 淡い色具合

雲は月をかくさぬように やさしく流れ

丸い月には流れる雲が ちぎれた雲がよく似合う


風がさわぐ 今や冬隣り

逃げるように 渡り鳥がゆく

列についてゆけない者に また来る春が

あるかどうかは誰も知らない ただひたすらの風まかせ


神無月に 僕はかこまれて

口笛吹く それはこだまする

青い夜の空気の中に 生きてるものは

涙も見せず 笑いも忘れ 息をひそめて冬を待つ

提供: うたまっぷ