歌詞

流れ星

香坂みゆき

作詞
白鳥英美子
作曲
新田一郎

久しぶりねあなたと この街歩くのは

初めて待合わせたコーヒーショップの

屋根の上で風見鳥 今でも同じように

くるくる回っているかしら


話はとぎれがちでも

心ははずんでいたの


君 流れ星に乗ってみたいかい

今はまだ子供すぎるから

君 大人になったその日まで

ぼくの船は岸辺につないでおくよ


街並みは少しずつ 姿を変えていたけれど

話し方笑い顔あのころのまま

大きなうでにもたれて 目をとじていれば

知らないところでもゆけそう


あなたの言った言葉は

今でも覚えているわ


君 流れ星に乗ってみたいかい

今はまだ子供すぎるから

君 大人になったその日まで

ぼくの船は岸辺につないでおくよ


君 流れ星に乗ってみたいかい

願いごとひとつ届ければ

君 大人になった二人なら

今すぐ舟を浮かべて漕ぎだし

ゆこう ゆこう

提供: うたまっぷ