歌詞

ほほえみの咲く場所

AAA

作詞
Yusuke Toriumi/ラップ詞:Mitsuhiro Hidaka
作曲
Tetsuya_Komuro

ほほえみの咲く場所 いつの日か聴かせたい僕だけの歌

交わす言葉や見せる笑顔のひとつひとつが歌になる


大人ぶったふりで 遠ざかる時もあったね

わがままなところは 今でもなおらない

だけどどんな時も いつでも見守ってくれた

その大きな優しさに ようやく気がつく


一人で痛みを抱けば

微笑みの花また枯れた

傷つきたい人などいない

痛みは痛みじゃ消せやしない

抱えきれない哀しみは

涙にして流せば良いさ

その雨で微笑みの種

芽を出せば後は花咲かすだけ

その花を抱き共に笑おう


ほほえみの咲く場所 いつだって聴かせたいもっとあなたに

生まれた日から今日までずっと奏でつづけた僕の歌

たくさん届けたい 伝えたい ささやかにひそやかにきよらかに

時間は決して永久(とわ)じゃないから ひとつひとつを大切にしたい


あの日えがいていた自分になれているかな

歩幅に見合うほど なれてないみたいだ

遠すぎる理想に立ちくらみすらするけど

それでも「らしい」生き方 見つけた気がする


よろこびの降る空 いつまでも見あげたいずっとあなたと

隣りにいても 遠くにいても 同じ想いでいられたら

たくさん増やしたい(見つけたい) つくりたい ほほえみが咲いてる場所を

街のどこかに(未来の先に) 日常の中に きっと落ちてる そのかけらを

さがそう

提供: うたまっぷ