歌詞

HEARTS

吉井和哉

作詞
吉井和哉
作曲
吉井和哉

最後の白い鳥は何を餌に生き延びてる

新月の蒼い海を確かめるように高く低く


殻が割れるまでどこかで見ているように

生まれたらすぐにさらいに来るかのように


行く人 来る人 誰かを待つ人

もうすぐ始発のバスが来る

心が心を許せる時にはどうして姿形はないんだろう


次の場所へ


-5度の雪国のスタバの横に昇る朝日


吐く息が白い雪の花びらのように

「どこにも行かないでくれ」と書かれたニュースペーパー


帰りたい 帰れない あの日の街には

そろそろ始発のバスに乗る

心が心を笑える時にはどうして姿形はないんだろう


カモメの群れが歌い出した 潮騒のピアノに合わせて

愛しい誰かのくちびるみたいなように


追いつけないほど遠くへ行ったけど

あなたはいつも側にいる気がした

帰りたい 帰れない あの日の街には

そろそろ始発のバスが出る


次の場所へ

さよならごめん

迷わず飛べ

提供: うたまっぷ